メニュー 閉じる

デジタルサービス事業

事業概要

デジタルサービス事業は中小企業向けの月額制システムコンサルティングサービスです。
経営をより快適に、事業の力強い発展を支援するためのIT活用を支援しています。

色々とシステム導入を検討したものの自社に適したサービスがわからないことはありませんか?

弊社の大きな特徴は「既存のパッケージウェアを中心に据えた業務の標準化を検討」することです。
Google WorkspaceやSmart HR、マネーフォワード、Salesforceなど様々なプロダクトを検討し、
御社に適したシステムの提案、運用、保守、他アプリケーションとの連携のための開発を実施します。

弊社の強みは、これらのクラウドソフトウェアの導入や運用支援だけではなく、
エンジニアらによる自社アプリ開発サービスも合わせて提供している点にあります。

例えば下記の事例のように会社全体の事務処理を効率化するためのシステム活用方法があります。

【未来の総務】ベンチャーが目指すべきバックオフィス

ここで使われているアプリケーションはSaaS(ソフトウェアとしてのサービス)と呼ばれています。
SaaSはクラウド上に構築されているためインターネットを通してどこからでも利用可能です。
また最先端の人間工学デザインを取り入れているため使いやすいことが特徴です。
こうしたソフトウェアを活用することによる業務効率向上は月当たり2,3名の人件費に相当します。

一方で、これらのソフトはあくまで「分野特化」するため実務においてはすべてうまく行くというわけではありません。
例えば「Smart HRのデータを使って特定の社員だけに書類を発送」したいとき、
「営業がどの顧客にアポイントを取っているか把握して、見込み売上を予測」したいときは、
これらのソフトを組み合わせたり、ダウンロードしたデータをExcelで加工する必要があります。

弊社はこれらの「ソフトウェアの間にあるような業務」つまり、
各種SaaSソフトウェアを駆使したデータ連携と、業務に合わせたアプリケーション開発を得意としています。
標準化できるところはした上で、個々の企業の業務にあわせて自動化支援までフォローできます。

こうした効率化、業務最適化サービス導入経験豊富なコンサルティングエンジニアが、
企業のシステム導入から運用上の悩み、拡張アプリケーション開発まで伴走します。

 

月額制システムコンサルティングの費用

こうした会社に合わせたシステムやオリジナルアプリケーションのご提案は、
単発的な受託開発ではその場限りの部分最適化に陥る可能性もあることから、
原則コンサルティング契約で弊社の専属エンジニア・コンサルタントによる継続フォローを提案しています。

業務分析や経営課題、社内の業務課題の整理を実施した上で、
システム保守、運用業務から要件定義や仕様策定等上流フェーズまで一貫して対応いたします。

年商3億円未満 月20時間まで 月20万円
年商10億円未満 月40時間まで 月50万円
その他、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他のデジタルサービス事業